FC2ブログ

2011 SIN&PEN マリーナベイサンズ1Fフロアーレポ

名古屋で100万人に避難勧告が出た台風15号。
午後ぐらいから関東でも雨風が強くなり、暴風雨真っ只中です。
その余波で交通機関も麻痺しているようです。

今日は、ワタシは元から用事のため午後休を取っていて、この状況で朝会社に行ってもお昼前にトンボ帰りをしなくてはならず、だったら家で仕事をした方が効率がいい!と、昨日持ち帰った仕事を家で在宅で仕事をしてました。なので、この台風被害にはほとんど遭わなかったのですが・・・さっきチャリで傘さして出先から帰って来る時はさすがに吹き飛ばされそうになりました。かなり無謀な行為だったかも。

。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚☆

シンガポールの記事は、今回のマリーナベイサンズ1Fフロアーレポとお部屋そしてプールレポの3回で一旦締めさせていただこうかと思います。
なにせ、台湾の記事も1つも書いてないし、はたまたハワイの記事もまったく書いてない(>_<)

なので、これだけは今知りたい!というのがありましたらリクエストしてください。例えば、ベトナム航空やタイガーエアについて知りたいなど。
リクエストに応じてそれだけ先にアップします。よろしくお願いしますm(_ _)m


マリーナベイサンズの1Fフロアーをご紹介したいと思います。

ベイサンズ_1F

エントランス付近は前記事でお見せしましたが、エントランスからは一直線に横に長~くフロアが伸びています。
タワー1~3まで、かなりの距離があります。↑で見てもわかるように明るくって開放的な雰囲気です。

ここ、ロビーにはちょっと休めるソファーとかがほとんど置いてありません。どこも座るところがないんですよね。それだけが欠点。


ベイサンズ_窓拭き

たまたま窓ふきをしているところに遭遇しました。
日本だとゴンドラに乗って命綱付けてするんだろうけど、こちらでは命綱だけで拭いていました。
どの高さまでやるのか知れませんが、まさしく命がけ。

ベイサンズ_大道芸人

たまたま歩いていたら、大道芸人に遭遇。
何かのパフォーマンスをしていたのかしら?快くポーズを決めて一緒に写真を撮ってくれました^^

ベイサンズ1Fには、レストランが3軒(後ほどレポします)とギフトショップ、そしてベーカリーショップしかありません。

ベイサンズ_ギフトショップ

ギフトショップは、キーホルダーやTシャツなんかのみやげ物とドリンク類やアイスとちょっとしたスナック類程しかありませんでした。

ワタシたちは事前にお友だちに教えてもらっていたので、地下で直結で繋がっているマリーナベイサンズのショッピングモールの方にちょっとしたスーパーがあるので、そちらでドリンクなどは調達していました。スーパーなので、そちらの方が安いです。ですが、街中スーパーよりはちょっとお値段高め設定でした。


ベイサンズ_ベーカリーショップ

ベーカリーショップは、コーヒーもテイクアウトできるカフェも併設していました。
ケーキ類も充実していました。
ハード系パンが美味しそうだったので買って日本に持ち帰りたかったのですが、この後マレーシアに飛ぶので断念。後ろ髪引かれながら退散しました。


タワー1のエントランス以外に、タワー3にもエントランスがありチェックインカウンターもあります。
タワー3の方のエントランスは、屋上のスカイパークに上る一般観光客の通用口でもあるようで、タクシーでどこかに出かけた後、マリーナベイサンズへとドライバーに言うと、どっちに横付けする?とよく聞かれました。

今回の私たちのお部屋はタワー3でしたので、タワー1の方に降ろされてしまうとかなりの距離を一番上の写真のように端から端まで歩かなくってはならないので、次第にタクシードライバーにタワー3スカイパークの入口の方に車を付けてくれと頼むようにしていました。


さっきも書きましたが、ベイサンズはショッピングモールを併設しているので、ホテル1Fフロアーはあまりお店の類がありません。

地下直結のショッピングモールには、フードコートやスーパー、ドラッグストアなどの庶民的なお店からブランド物のお店、はたまたカジノやシアター、更にはスケートリンクまであるので、ホテル周りには何もありませんが、ここで用は足りてしまう程の充実度でした。



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
  
  遊びに来てくれてありがとうございます。帰りにポチっと応援してくれると嬉しいです。

テーマ : 子連れ旅行
ジャンル : 旅行

2011 SIN&PEN マリーナベイサンズ&シャトルバス

世の中、3連休ですね。ハイ、今日も子連れ出勤で仕事してました(>_<)
シルバーウィークって呼び名がついてるけど、なんかこの言葉ってあまり定着していませんよね?と思うのは私だけ。周りでもあまり使っているの聞かないし、なんとなく使うのに気後れしてしまうんですよね・・・

。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚☆

マリーナベイサンズのご紹介を少ししておこうと思います。

空港からは無料のシャトルバス(空港⇔ベイサンズ)が出ています。多分、タクシーでもそれほど料金はかからないと思うのですが、無料なので利用します。

T(ターミナル)3では出国フロアを端まで行った出口側にシャトルバス乗り場がありました。わからなかったのでInformationで場所を聞いたのですが^^;

外に出て見ると、すぐに停まっているシャトルバスを見っけ!

シャトルバス

お友だちからはライオンキングのラッピングバスだよ。と聞いていたのですが違ってました。後日ライオンキングのバスもベイサンズで見かけたので、どうやら何台か走らせているようです。
*ライオンキングはベイサンズ併設のシアターで上演されています。

バススケジュール

バススケジュールは、行きと帰りではターミナルに停まる順番が違いますので、特に帰り空港に戻る時は時間に余裕を持って乗ることをお勧めします。

空港→ベイサンズ行きは、T3→T1→T2→バジェットT→ベイサンズの順。
ベイサンズ→空港行きは、T1→T2→バジェットT→T3→空港の順。


どうやら行きは、T3が始発だったのでしばらく停車していました。しばらく私たち2人しか乗客がいなくって、その間お話し好きのドライバーさんの話し相手(苦笑)
ミャンマーから出稼ぎに来ているとか、日本には何度か行ったことがあるとか・・・この方は日本語が少し話せました。
ドライバーさんの話だと30分間隔ぐらいにシャトルバスを走らせていると言ってましたが、この辺はかなりアバウトです。


各ターミナルを廻り、ベイサンズに向けて出発します。
時間にするとT3出てからベイサンズ到着まで30分ぐらいかかったかな。

シンガポールフライヤー

マリーナ地区に入ると、シンガポールフライヤー(観覧車)とその後ろにマリーナベイサンズが見えてきました。
まったく、土地勘がないのできょろきょろ車窓からしまくりでした(笑)

マリーナベイサンズ

別の日に撮ったベイサンズの全貌ですが、やっぱりとても奇抜な建物。周りに何もないこともありかなり目立ちました。


シャトルバスは、地下1階のコーチターミナルというパーキングに停車します。エントランスは、1Fなのでスーツケースを持って1Fに上がらなければなりません。


チェックインカウンターは、タワー1にあります。
マリーナベイサンズは、外観写真でもわかるように3つのタワーに別れており、タワー1~3と区別されています。

ベイサンズ_チェックイン

なんだかこの派手な壁紙デザイン。ちょっと趣味悪いと思ってしまったのですが、どうでしょう・・・

私たちは朝一番でトランジットホテルをチェックアウトし10時頃にベイサンズにチェックインしましたが、宿泊客のチェックインの方は全然いなくってすぐにすることができました。

ネットで評判を見ても、チェックイン時間あたりになると長い行列ができてすごい時間を取られるとかなりの人が書いていて心配しましたが、午前中に関しては心配無用でした。
確かに午後になるとすごい行列になっていましたね~。

お部屋もすぐに用意してくれて、第一印象は好スタートを切ることができました。


チェックインカウンターの反対側にコンシェルジェがあります。

ベイサンズ_コンシェルジェ

ワタシは、わからないことがあるとすぐに聞いたりして結構利用しました。とても親切に教えてくれるし、これでますます好感度アップでした。

チェックインカウンターもコンシェルジェもそうですが、スタッフで日本語を話せる方はまったくいません。日本人スタッフもいないのではないかと。
ちょっとそこが日本人にとっては、マイナスポイントかもしれません。


ベイサンズ_エントランス

エントランス入口では、毎日こういったミニ演奏会が開かれており、宿泊客の目を楽しませてくれました。


ベイサンズ_吹き抜け

タワー1からタワー2の方向に撮ってみました。
建物内部は、かなりの高さまで吹き抜けになっており、陽射しが差し込む設計となっておりとても明るくって開放的です。これもすごくポイント高かったです。

後日、もしかしたら年末年始に泊まるかもしれないシンガポールマリオットを見に行ったのですが、あまりにエントランスが暗くって、雲泥の差と思いました。やっぱりエントランスの印象って、すごく大事だな~と感じました。

両サイドの白い壁は、客室です。上の階に行くに従って両サイドが△のように1つにくっつきワンフロア状になりますが、下階だと両サイド別々にお部屋が存在するようです。廊下から下が見下ろせるようになっているみたいです。

私たちはタワー3にアサインされました。次はお部屋のご紹介をしたいと思います。



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
  
  遊びに来てくれてありがとうございます。帰りにポチっと応援してくれると嬉しいです。

テーマ : 子連れ旅行
ジャンル : 旅行

2011 SIN&PEN スーツケースはどこに?@チャンギ空港

前回の記事で書いたように、トランジットホテルに泊まった際はスーツケースは受け取ってません。イミグレは通過していませんので、もちろん受け取れるはずもなく・・・

では、どうなっているのか。

普通ならイミグレ通過後バゲッジクレームで受託手荷物を受け取ることになるのがパターンだと思いますが、今回も例外はなくもちろんスーツケースはターンテーブルに乗って前夜に出てきちゃってるはず。その行方はどうなっちゃってるのか・・・


イミグレ通過後、ある場所に向かいます。

「Lost&Found」(遺失物取扱所)です。

Lost_Found.jpg

ほら、ちゃんと日本語表記が出ているので大丈夫です(^^)v

バゲッジクレームの辺りから、この看板が出ていますので、それに従って場所を探します。


ここで空港職員?の方がいらっしゃいますので、クレームタグ(手荷物の半券)を見せて、自分の荷物を確認してもらいます。
もう、この時ドキドキでした。もしもロストバゲッジになっていたらどうしよ~と。

係の方に、「倉庫で保管してあるよ。」と言われてホッ。
親切にも一緒についていってあげるよと言われて、係の人についていき、先程のLost&Foundの看板表示の下の「Odd-size」(規格外サイズ)が保管してある場所へ。

そこで1泊大事に保管されていました^^
ホントに出てくるまで気が気じゃなかったです。心臓に悪い・・・


今回、うちは経由だったので、成田のチェックインカウンターで最終目的地までスルーで荷物はいくと確認していましたが、それでも不安があったこと。

また、この方法、ネットで検索するといろいろ出てきますが、紛失あるいは誰かが盗んで持って行ってしまう可能性があること。しばらくターンテーブルの所でほったらかしにされる訳ですから、誰かが持って行ってしまってもわからないですよね。

なので、あまりお勧めはしていないんですよね~。

ですから、スーツケースには貴重品は絶対に入れないようにした方がいいかと思います。


それと自己責任ですのでこれで万が一紛失してもクレームはつけられませんので、この方法を使う場合にはくれぐれも最悪の事態が生じる可能性もあるということを頭に入れておいてくださいね。



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
  
  遊びに来てくれてありがとうございます。帰りにポチっと応援してくれると嬉しいです。

テーマ : 子連れ旅行
ジャンル : 旅行

2011 SIN&PEN シンガポールチャンギ空港トランジットホテル

前回のトランジットホテルの予約方法に続いて、今度はチェックイン&お部屋レポです。
今回は、ターミナル3のホテルに宿泊しましたので、ターミナル1および2については若干異なるかもしれません。ご了承くださいm(_ _)m

このアンバサダートランジットホテルは、制限区域内にあります。
と言うことは、イミグレも通りませんしもちろん預けたスーツケースも受け取ることができません。なので、1泊分の着替えおよび洗面道具や化粧品類などは、事前に手荷物で別に分けておかないと後々困ります。

では、スーツケースはどうなってしまうのか?もちろんターンテーブルに乗って出てきてしまいますよね。
この件については、また別記事でアップしますね。


飛行機を降りて、ゲートから到着フロアーへ。
ホテルはその到着フロアーから1階上にあると言うことは事前に確認済みでしたが、とにかく一緒に降りた乗客の流れについていってしまうとイミグレに行ってしまうので、それだけは気をつけるように肝に銘じておきました。

チャンギ空港は、キレイなのはもちろんのこと案内表示も日本語も記載されていますのでとてもわかりやすいです。
それでもとにかく広いチャンギ空港。ムダに歩いて体力を使わないように、案内表示だけですぐにわからない時は、すぐにInformationで場所を聞くのも手です。

今回はすぐにホテルの場所も発見!(トランジットホテルの案内表示ももちろんあります。)

アンバサダーホテル

空港フロアーとは、パーテーションで区切っているだけの、正面入り口です。
飛行機から降りてからものの10分ぐらいでチェックインすることができました。全然余裕でしたね。

前記事に書いたように、チェックインはConfirmationのメールを見せて、何時間滞在するかの確認、ウェイクアップコールの要否を確認して、前金の清算、すぐにキーを渡してもらえて終わりです。
時間は、到着時刻から換算します。私たちは、チェックイン時が19:45でしたので、そこから2ブロック(=12時間)の予約なので、明朝7:45にチェックアウトね。と念押されました。


お部屋は、ツインで。
タミ3が一番新しいようで皆さんキレイだと仰ってます。
確かに小奇麗でした。
もっと狭いかと思いましたが、思ったより広かったです。ただ、窓がありませんので(制約上?)、閉所恐怖症の方などは息苦しさを感じるかもしれません。ワタシは、順応タイプなので全然OKでしたが・・・

ツインベッド


ベッドの反対側には、液晶テレビが設置のみです。あとは、ちょこっと荷物を置いたりできるソファー?のみ。いたってシンプルな作りのお部屋です。

テレビ


ベッドの横のサイドテーブルに、電気ポット・コーヒー等が置いてあります。
コンプリメンタリーの水はありません。水差しにコーヒー用のお水は入っていました。が、う~ん、これってミネラルウォーターなの?と思うと恐くって利用できませんでした。

我が家は、ミネラルウォーターを持参していましたが、もし必要な時は数メートル先にコンビニもありますので、そこで購入するのがベストですね。

コーヒーセット


バスタブはなく、シャワーのみです。
シャワーノズルの左隣に四角い箱が見えますが、これはボディーソープ&シャンプー兼用のソープです。
それ以外はまったく何もないので、持参した方がよろしいかと思います。
我が家は洗面用具から何から何まで手荷物で持参しました。

バスタオルもかなり薄手のものです。

シャワールーム


洗面所にも基本何も置いてありません。ハンドソープとコップのみ。
もちろんハブラシさえ置いてません。忘れたらコンビニにGO!
ドライヤーは完備でしたので、そこだけはよかったです。

洗面所


寝るだけなら、これで充分だと感じました。


肝心の料金ですが、1ブロック(=6時間ステイ)で税・サ込み76.51シンガポールドル。
2ブロック(=12時間ステイ)で、153.01シンガポールドル、9,951円でした。

シンガポールのホテルって、料金お高いから(実際調べてみてそう思いました)、安く上げるんでしたらこの方法は全然アリだと今回思いました。



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
  
  遊びに来てくれてありがとうございます。帰りにポチっと応援してくれると嬉しいです。

テーマ : 子連れ旅行
ジャンル : 旅行

【追記あり】2011 SIN&PEN シンガポールチャンギ空港トランジットホテルの予約

旅行から帰って来て初出社の月曜日から撃沈しましたミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!
ある程度覚悟して会社に行ったものの、今までに見ないぐらいの書類でデスクが埋まってました~。それだけではあきたらず隣のデスクにもワタシが処理しなければならない書類の山が~orz
休みボケで普段なら初日は足慣らし程度の仕事ペースで始めるのですが、今回はそうもいかずいきなりフルスロットル状態。一気に休みボケから目が覚めました。

今月はそれだけでなくどうしても片付けなくてはならない仕事が山ほどあり、昨日は子連れ出勤決行。毎週週6勤務になりそうな勢いというとてもマズイ状況です。そんな状態なので、今月はブログ更新もすご~くスローペースになりそうな予感。申しわけないですm(_ _)m

なので、取り急ぎ今回のシンガポール&ペナン旅行でコメントにご質問いただいた事項や先にアップしたほうがよさそうなものだけ、先に記事を書いてその後に7月の台湾旅行に戻ります。


最初のお題は、シンガポール(チャンギ)空港のトランジットホテルの予約方法についてです。


今回の旅程は、朝の便でベトナムホーチミン経由でシンガポールに夜到着というスケジュールでした。
そのまま、シンガポールで入国、市内のホテルに宿泊という形が一般的だと思いますが、シンガポールのホテルは高い!それに夜にホテルに着いても寝るだけなので、お友だちのアドバイスもありチャンギ空港内のトランジットホテルに泊まるというプランにしました。そうすればドアツードアでチェックインできるので、もし疲れていたらベッドにすぐゴーできますしね。

予約は、アンバサダートランジットホテルのサイトから宿泊予定日の1ヶ月半ぐらい前にしました。
トランジットホテルと名前が付くぐらいですから、利用客はトランジットまでの時間を体を休めるために宿泊しますので、利用客の需要は多いです。なので、宿泊日の1ヶ月ぐらい前には予約した方がいいと提唱しています。

予約画面は、こんな感じ。
予約画面

名前、メールアドレスを記入。ここまでは、他のホテルの予約画面と変わらないのですが、予約時間の設定が2通りあります。

【Reservation based on Flight Details】(フライトに基づく予約)と【Reservation based on Check In & Check Out Time】(チェックイン/アウト時間に基づく予約)です。

Reservation based on Flight Detailsの予約は、もしフライトの予定到着時刻を60分過ぎても現れないと予約取り消しになり、Reservation based on Check In & Check Out Timeは、チェックイン時刻15分を過ぎても現れないと予約取り消しになるそうです。

我が家は、もしチャンギ空港についてもすぐにトランジットホテルを見つけられるか自信がなかったので、60分の猶予のあるReservation based on Flight Detailsを選択。

そして、到着便及び到着予定時刻及び出発便及び出発予定時刻を入力します。
*我が家は、トランジットのための宿泊ではないのでトランジットでの出発便はないのですが、入力しないと多分予約画面が先に進まないので、テキトーに入力しました。

オプショナルでどこのターミナルのホテルに宿泊するか入力します。
★これ大事★
チャンギ空港は、ターミナル1~3、バジェットターミナルに別れており、このアンバサダートランジットホテルはターミナル1~3に各タミごとにホテルの設備があります(バジェットタミにはありません。)
なので、自分が到着するターミナルを事前に調べそのターミナルを指定しておかないと、スカイトレインでターミナル間を移動して・・・と、移動時間を費やすことになり大変なことになります。
ましてやチャンギ空港が初めての利用なら、ターミナル間を移動するのもかなり大変で、到着時刻より60分をオーバーする可能性もありますので、ターミナル希望はオプションですが自分の到着ターミナルを指定しておいた方が賢明です。


我が家は今回ターミナル3に到着することがわかりましたので、ターミナル3の施設を選択。


後は、何時間利用するかを入力。
室料は、6時間を1ブロックとし、最初の1ブロック(=6時間)が最小単位予約時間。そこからは、1時間ごとに延長料金が発生というシステムになっています。
我が家は、19:30にチャンギ空港に到着予定になっていましたので、そこからチェックインするまでに遅くとも20:30、そこから12時間の予約をしたかったので、2ブロック(=12時間)という形で予約しました。

1時間延長がどの部屋タイプでもSGD$15.30になり、延長を3,4時間するようであれば、2ブロックで予約した方が安上がりになる感じなので、予約時間によってはワタシのように2ブロックで予約した方がお得です。

人数と部屋タイプを入力して完了。予約送信です。

しばらくするとConfirmationがメールで送られてきますので、それをプリントアウトして持参します。



えっと、このトランジットホテルの予約。予約時に、クレジットカード情報の入力やデポジットを入れる必要もないのです。ということは、仮に予約を取り消す場合にもキャンセル料は発生しません。
その代わり、到着時刻(↑に記載した時間内)にホテルに現れないと自動的にキャンセル扱いになります。一旦、キャンセル扱いになってしまうと、そのお部屋は当日の飛び入り客にアサインされてしまうこともあると思います。なので、時間には気をつけてチェックインするようにしないといけません。

【2013/07/01追記】
現在、クレジットカード情報の入力もあり、ノーショーの場合にもキャンセル料として全額請求されますのでご注意ください。


お部屋の支払いは、チェックイン時に前払いです。この時に、再度何時間滞在するか確認をして室料を計算してくれますので、それに基づいて支払うようになります。
また、ウェイクアップコールを何時にした方がよいかも、このチェックイン時に確認してくれます。


ワタシが予約をする際にとても参考にしたサイトがあります。
シンガポール満喫術!

こちらのトランジット・ホテルという項目に、ホテルへの行き方とか予約方法が詳細に載っています。

ワタシは、このページをプリントアウトして持参しました(笑)チャンギ空港で迷子にならないようにねっ!



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
  
  遊びに来てくれてありがとうございます。帰りにポチっと応援してくれると嬉しいです。

テーマ : 子連れ旅行
ジャンル : 旅行

今日のひとこと

★2016/09/23up★

世間ではシルバーウィークですね。

お天気もずっと悪く、飛び石なので旅行にも行けず家でもんもんと作業をしております。
しばらくバンコク旅行記を可能な限りアップしていきますので、よろしくお願いいたします。

プロフィール

マウロア

Author:マウロア
旅行・グルメ・コスメなど何にでも好奇心旺盛。いろいろ知りたがりなワーキングマザー、マウロアです。
夫&中学2年生の息子の3人暮らし。
海外旅行に行くこと!を生きがいとしていますが、子どもがどんどん大きくなってきたことと、夫と私の仕事の休みが取りづらいなどいろいろ弊害も出てきて、予定をうまく調整できないのが目下の悩み。

*2007年11月に、マリオット・コオリナ・ビーチ・クラブのタイムシェアを購入しました。思いっきり衝動買い(笑)いかに元を取って有効活用していくかが今後の課題です。

*2009年12月よりFC2にてブログを開始いたしました。
以前のブログはこちらにありますので、よろしかったらご覧ください。

タイムシェアを使いこなすマウロアさんちの旅記録
http://blog.goo.ne.jp/
mauloahawaii
↑ブログアドレスは、1行にしてペーストしてください。

*2012年7月にロングステイアドバイザーの資格を取得しました(2013年脱会)

*2013年は、SFCプラチナ取得!

*2014年は、JGCサファイア取得!

*誹謗・中傷&記事と関係のないコメントも一方的に削除させていただく場合がありますのでご了承ください。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
379位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
104位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター


Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
Googleボットチェッカー

人気記事ランキング

フリーエリア

紹介してもらっています

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
オアフ島旅行・ホテルのクチコミ

お得に利用♪

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
マクロミルへ登録

参加しています

ブログタイムズ
非日常体験の無料プレゼントサイト - Amaze(アメイズ)
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!


120・60.gif

旅行の検索に

次はどこへ?

ひとりごと twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブログお友だち♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ウェルカム♪

ハワイ&ワールドタイム


ハワイのお天気

ハワイ語辞書

ハワイ語辞書"

blogram.jp

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード