FC2ブログ

学校の勉強(宿題)と塾の勉強の両立 ~中学受験~

※当ブログに掲載されている中学受験の内容は、個人の考え・意見であることを予めご了承下さい。 内容の信頼性、正確性、有益性などについてはご自身で判断されることをお願いいたします。

ちょっと間が空いてしまいました。
息子も部活(今はまだ仮入部ですが)が始まり、毎日帰ってくるのが19時頃になりました。どうやら同級生よりはちょっと上をいってるようで、1人だけ3年生グループに交じって同級生とは別メニューをこなしているようです。
一旦2年生グループに入ったようですが、それでも内容が緩かったようで先週土曜日からは3年生グループに入るように言われたみたい。さすがに2年も違うと体力も違う。帰ってきたらぐったりしていました。

さて、学校の勉強(宿題)と塾の勉強の両立。これも5年生辺りから厳しくなっていきます。
もちろん、学校の宿題は毎日出ます。そして塾についても次の授業までにやってノート提出や確認のための小テストなどやらなければならないことがたくさんあります。

特に6年生は土曜日も午後いっぱい本科があるし、日曜日は毎週テストと日特(日曜特訓)で朝から夕方過ぎまで帰って来ないので、やる時間もなかなか取れないしそれこそ遊ぶ時間は皆無と言っていいかもしれません。

塾に行ってるからと言って、学校の宿題をやらない訳にはいかないです。学校の先生によっては、塾のことを目の敵にしていらっしゃる方も少なからずいますので。なので、宿題をやっていかないということは、先生を敵に回すと言っても過言ではないかと(苦笑)

でもね、どっちも全力で頑張るのは小学生にはちょっと大変。
なので、ワタシは「学校の宿題は手を抜いてでいいよ」ってよく言ってましたね~。ホントはいけないことだけど。
例えば、漢字の宿題なんかはきっちり丁寧に書くと時間もかかるので、止めはねはらいのポイントはしっかり押さえて、ざ~っと書いちゃいな。とか(笑)
でもうちの子なんかバカ正直なんで、いつも全力でやってたけど。

平日塾から家に帰ってくるのが22時近く。そこから宿題やってお風呂入ってたら23時になるのは当たり前の毎日。小学生にしたら寝るのが遅いし、翌日にも影響が出てくる。
だけど宿題はやらせないといけない。
この辺りはかなり葛藤がありました。
たま~に、夜泣きながら宿題やってた時もあったなあ・・・

でも周りの塾に行ってる子たちもちゃんとこなしていたし、塾に行ってない子から見たら宿題をやっていかないということは特別扱いに思われてしまう。なので、やっぱりやらないという選択肢はないんですよね。


そして長期休みの宿題も。特に6年生の夏休みと冬休みは厳しいものがありました。
夏休みは通常学校の宿題もどっさり出されます。そして、塾はほぼ毎日。はっきり言って宿題やってる暇がないんです。
なるべく早くからスパートをかけてドリル等は最初の数日で終わらせたり、自由研究も1日でちゃちゃっとできるものにしてしまいました。読書感想文も数日で読める本にして、ざっと書かせたりとか。

冬休みは特に受験1ヶ月前を切っているので、受験勉強が優先。でも宿題もこなさなくってはならない。
結局我が家は学校の先生に相談して、ドリル・書き初めなどは冬休み中に終わらせ、他の宿題に関しては受験後に提出するということで調整してもらいました。
そういうことも先生によっては了解してくれる場合もあるので、一度ご相談するのもありではないかと思います。



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
  
  ご訪問ありがとうございます。帰りにポチっと応援してくれると嬉しいです。

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

塾の送迎 ~中学受験~

※当ブログに掲載されている中学受験の内容は、個人の考え・意見であることを予めご了承下さい。 内容の信頼性、正確性、有益性などについてはご自身で判断されることをお願いいたします。

前回、タイムスケジュールについて書きました。それに伴い、必要になってくるのが送迎。これについて書いていきたいと思います。
これは我が家の場合であって、必ずしも当てはまりませんので(塾によって異なる)ご了承ください。


4年生の時は通常2コマ(1コマ70分)でしたので、平日19:30には終了します。
5-6年生は、3コマになってきますので、終了が20:55。そうなると送迎も考えなければなりません。

塾の場所は電車で1駅。
ちなみに我が家は、フルタイムで働いているので行きの送迎はムリです。
同時期に一緒に入塾したお友だちRちゃん(女の子)ちも同じくフルタイム。ただ、ママが不規則勤務で送ってもらえる時はママに車で。ママが仕事の時は近所に住んでいるRちゃんちのおじいちゃんに車で送ってもらったり、都合が悪い時は2人で電車で通っていました。
それでも学校から家に帰ってくるのは16時。で、塾始まりが17時でしたので、毎日結構ギリギリな時間だったみたいです。

結局3年間、Rちゃんちには送迎に関してはおんぶに抱っこでした(^^; ホント、3年間助かりました。

帰りのお迎えは、↑に書いたように4年生は19:30。5-6年生は、20:55。
どちらの時間にしろ、終了後は外は真っ暗なので、いくら我が家が男の子とはいえ今の時代物騒です。お迎えが必要になりました。
たまに、男の子だと1人で帰らせているご家庭もありましたけどね。でも何かあってからでは遅いので我が家はお迎えは毎回していました。親としてこれは最低限の責任だと思ったからです。これぐらいしか親としてサポートもしてあげられないし。まあ、数回は一人で帰ってきてもらうこともありましたけど。

19:30のお迎えの時は、私が一旦仕事から家に帰ってお迎えだと間に合いません。なので、残業してお迎えに間に合う時間を調整してお迎えに行くようにして一緒に家に帰ってきていました。

20:55の時は、19:30までに塾弁を届けなくてはなりません。19:30-19:45の15分しか休憩時間がないので、遅れて届けることは絶対になしです。*塾弁についてはまた別途。
一旦、塾弁を19:30迄に届けるために、それに合わせて仕事を退社。そして慌てて塾弁(お弁当)を買ってギリギリに届ける。そして自分は一旦家に帰って、一人晩ご飯を食べて家の片付けをしてまたすぐに21:00に間に合うようにお迎えに行く。
これを週3-5回3年間続けましたね~。いや、自分で自分を褒めてあげたい(苦笑)

自分の時間があるようでない。夜のお誘いも可能な限りお断りしていました。


お迎えが19:30の時は、家に帰るのが20時過ぎ。そこから息子には学校の宿題やらせて(塾の課題も)、その間に私は晩ご飯の用意して、洗濯物取り込んで、一緒にご飯食べて、お風呂入って~と、毎日流れ作業。
それが、20:55に終わる時は家に着くのが22時。ちょっと息子が自習しようものなら22:30ぐらいざら。そこからご飯こそ食べているけど、宿題やらせてお風呂入らせるだけでも23時はとっくに過ぎる。
22時までには寝せたい。と思っていても、まったくムリな時間帯。

もちろんこんな生活を3年間していたので、夜は22時ぐらいまで誰も家にいない(苦笑) 宅急便屋さん泣かせでした。*モニター商品を受け取るのも大変だったなあ(苦笑)

そして、私自身、夜の時間帯がこんなでしたのでもちろんブログを書く時間もない。なので週末に書くことが多くなっていました。


急にこんなスケジュールになるので、入塾当初は3ヶ月ぐらい親子共々時間の使い方も慣れず疲れてしまっていました。でも3ヶ月もすればこの生活も慣れるんですよ。
今の時期入塾して親子共々大変な時期ですが、ここを乗り越えれば大丈夫。踏ん張りどころですので親子二人三脚で乗り越えましょう。



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
  
  ご訪問ありがとうございます。帰りにポチっと応援してくれると嬉しいです。

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

塾のタイムスケジュール ~中学受験~

※当ブログに掲載されている中学受験の内容は、個人の考え・意見であることを予めご了承下さい。 内容の信頼性、正確性、有益性などについてはご自身で判断されることをお願いいたします。


今回は、塾のタイムスケジュールについて書いておこうと思います。
あくまでも息子が通っていた塾のスケジュールですので、他塾では異なります。参考までに見ていただけるとありがたいです。

【4年生】
(実際は3年生の2月から)本科は、週2回。1日2コマになります。1コマ70分。
学校の授業だと45分とかなので約1.5倍ぐらいの授業時間。これは子供にとってかなり大変ですよね。でも息子に聞くと慣れれば結構あっという間に1コマ終わると言ってました。

この他に土曜日に月2回のカリキュラムテスト(午前中のみ)。いわゆる単元の理解度チェックテスト。そして月1回の公開模試(午前中のみ)があります。

まだ4年生の時分では、それほどスケジュールも詰まっていないのですが、これだけでも入塾した当初は親子共々この生活に慣れるのに3ヶ月ぐらいかかりました。いきなり夜の勉強生活が始まる訳ですから。本人は帰ってくるとぐったり。帰ってきてから学校の宿題まで手が回らず、翌朝早起きさせてやらせるなんてことも多々ありました。
もちろん塾の課題も要領がうまく掴めてないので時間もかかるし、なかなか終わらないし。
とりあえずこの段階では勉強をする習慣、そしてこのリズムを作ることが大切だと感じました。


【5年生】
(実際は4年生の2月から)本科は、週3回平日。1日2~3コマ。
本科のみだと2コマで終了なのですが、5年生から別講座(オプション)が入ってきます。そのため1日3コマになる時もあります。3コマの時は、晩ご飯を塾で休み時間に食べることになるので、お弁当が必要になってきました。お弁当についてはまた別記事で。

この他に土曜日に月2回のカリキュラムテスト(午前中のみ)。月1回の公開模試(午前中のみ)があります。テスト関係は4年生と同じスケジュール。
テストは都合が悪い時は後日振替で受けることもできます。ですが、振り返ると後ろのスケジュールがキツキツになってしまうので(結局塾がない日に行って受けることになるので)、我が家は息子がそれを嫌がり、基本テスト日に正式に受けることが多かったです。
なので、週末のスケジュールはテスト優先になりこれもなかなか大変でした。
またこの頃から、テストのない週末は学校説明会や学校行事(体育祭・文化祭)などに出向いて学校を見ることも同時進行でやっていかなければならなかったので、週末はスケジュールがぎっしりなんてこともしょっちゅうでした。


【6年生】
(実際は5年生の2月から)本科は、週4回。1日2~4コマ。平日3日と土曜日が午後から夜まで。
本科のみだと2コマで終了なのですが、別講座(オプション)が入ってきます。この他に毎日曜日が半日がカリキュラムテスト。残り半日が日曜特訓。そして月1回の公開模試があります。
日曜日は基本朝8:30-17:00まで。お弁当持参。

6年生になるとテストを含めて週5日間塾に通うことになります。この他に家でやる課題ももちろん出されますから、お友だちと遊んでいる暇はありません。
うちはちょっとでも時間があれば昼寝してました(苦笑)

息子のクラスでは、この他にグループ塾の個別対策(プライベート講座)に週1回通っている子が多かったです。うちは通いませんでしたが、通うと週6回になり、休みは週1日と会社員より過密スケジュールというのも当たり前の状態でした。

もちろんこの合間に学校の宿題もやらなくてはならいので、6年生は時間の使い方も大切になってきます。


こうやって書いてみると、やっぱり中学受験ってすごい時間を費やさなければならないし、本人もそれなりの覚悟、根性がないと続かないと思います。
いつも思ってましたが、じゃあ、ワタシが小学生の時にこれと同じことをやれ。と言われても絶対にできなかったと思います。


上記は学校のある平常時。
そして、春・夏・冬休みの長期休みはまたスケジュールが異なってきます。別途、講習期間になりオプションです。
4-5年生は、春・冬休みはそれぞれ5-7間ぐらい。夏休みは前半と後半にそれぞれ5-7日間ぐらい。それぞれ1日4コマ。
6年生になると、夏休みはお盆の数日間と日曜日が何日かあったかな。というぐらい。冬休みは、1/1-2がお休みで後はぎっしり詰まってました。基本、あまり休みはないと思った方がいいと思います。
まあ、うちはそのお盆休みにシンガポールに連れて行ってしまいましたが(苦笑)


そうそう、習い事との両立・・・大体どのお子さんも6年生になる時には辞めて、塾1本に絞っていきます。スケジュール的に厳しくなりますから。塾でも5年生ぐらいからは習い事をしていると難色を示します。

で、我が家は・・・結局ずっと習い事もやり通してしまいました。さすがに受験の1ヶ月前からは体調を崩してもいけないので丸1ヶ月休みましたが、それ以外は変わらず通っていました。
これは本人の希望と、やっぱり勉強漬けになるので体力が落ちてしまうのです。なので体力維持のためと本人のストレス発散!これは息子にとっても気分転換になり続けて良かったと思いました。
ただそうなるとフリーな時間はまったくなくなるので、その辺りは子どもと相談して決めた方がいいかもしれません。



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
  
  ご訪問ありがとうございます。帰りにポチっと応援してくれると嬉しいです。

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

塾選びと開始時期 ~中学受験~

※当ブログに掲載されている中学受験の内容は、個人の考え・意見であることを予めご了承下さい。 内容の信頼性、正確性、有益性などについてはご自身で判断されることをお願いいたします。


まだ中学受験が終了したばかりですが、この3年間の中学受験を振り返ってみたいと思います。

ちょっと横道にそれますが、今晩は久しぶりに19時ぐらいに晩ご飯を親子で揃って食べることができました。平日にそれもこんな早い時間に親子で揃って食卓につくのは塾に通い始めて以降は、初めてじゃない。というぐらいでした。
これだけ早い時間に食べると、夜のフリー時間もたくさん取れますね。と言う訳でブログを書く時間も取れているのですが(苦笑)


中学受験、塾を選び始めた時はそれほど意識していませんでした。ただ、受験するなら4,5,6年生と3年間必要になるので、後で後悔しないように間に合うようにと塾選びを開始したのが息子が小学3年生の秋頃からでした。

中学受験専門塾の新年度は2月が開始です。4月では間に合いません。
4年生のカリキュラムは3年生の2月から始まりますので、それに間に合うように塾選びを始めました。その前から、何度かCMでもよく流れている某全国テストなどは受けていましたが、塾に関してはまったく無知でしたので見学に行くところから開始しました。

基本どの受験塾も3年間で中学受験に対応が完成するようなカリキュラムを組んでいます。
なので、年度途中で入るとそれまでの下地(基礎)が出来てないし、それをカバーは塾はしてくれないので終了してしまった単元については自分でやるしかありません。それもあり、3年生の2月から入塾するのがベストだと考えました。

受験専門塾は、大手がいくつかありますが最寄駅には一つもなかったので、電車で通うことが必須でした。準大手は最寄駅にあったのですが、見学に行った時にイマイチ感触がよくなかったのもあり、とりあえず近場から片っ端から見学に行きました。その頃は土日は塾見学ばかりしてましたね~(苦笑)

結局決め手は、最寄駅から1駅と言うこと。講師が学生アルバイトがおらずすべての講師が専任であり、年度の途中で講師が入れ変わらないこと。そして、塾スタッフがアットホーム、子供にとって居心地がいいこと。で決めました。

大体、塾の開始時間は平日は17時から。そうすると平均16時に学校から家に帰ってくるとあまり遠い場所だと時間までに塾に到着することが困難になってしまいます。
1駅でも電車に乗ると結構ギリギリでしたので、せいぜい通える範囲は駅で2-3駅が限界ではないかなと思いました。

講師は、ベテランの中学受験を熟知している先生方でした。1年間同じ先生に教えてもらうことで信頼関係も芽生え、うちの子なんかはよく残ってわからない問題とか教えてもらっていました。夜の22時や23時ぐらいまで先生方も付き合ってくれたりもしてくれました。

室長をはじめ塾スタッフは、子供たちにとっても話しやすい存在で親しみを込めてあだ名で呼んでいたりもしていました。(あっ、親もね 笑) 勉強以外のことでも一時ちょっとしたトラブルが子供同士であったりしたのですが、その時はちゃんと対応してくださりその節は親子共々大変お世話になりました。


できるなら途中での転塾は避けたいし、3年間同じ教室に通い続けることが希望でしたので、ここに決めたことは結果的に良かったと思ってます。
結局、3年間の内で病欠で数日間休んだ以外は無欠席で通い続けました。本人も「行きたくない」と言ったことはなかったです(まあ、言ってもワタシが怒るだろうから言えなかったというのもあるんでしょうけどね 苦笑)。でも、塾に行けば学校以外のお友だちに会うのも楽しかったようです。最後の1年間は下手したら学校の同級生よりこちらの塾の仲間といる時間の方が多いぐらいですから。


先ほども3年生の2月からが中学受験の始まり(本科)と書きましたが、それ以前にも予科やプレと言ったカリキュラムが存在します。結構、この予科から入塾している子もいるんですよね。
成績でクラス分けをするのですが、予科から通ってた子は大体本科のクラス分けの際にトップクラスにあてがわれるのですが、それを知って最初はもっと早くから入塾させておけばよかったかな。と思いました。
だけど、段々月日が経つにつれて、予科から入った子でも脱落していくのを目の当たりにし、やっぱり本科、3年生の2月からの入塾で正解だったかなとも思えるようになりました。


そう、入塾する際はどこの塾でも入塾テストと言うのがあり、それを受験して一定のレベル以上でないと入塾できないのが大半なようです。



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
  
  ご訪問ありがとうございます。帰りにポチっと応援してくれると嬉しいです。

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

少し早いサクラが我が家に咲きました

ブログ読者さんの中にはご存知の方もいらっしゃいましたので、この場を借りてご報告させていただきます。

3年間中学受験に取り組んでいた息子が、本人の行きたかった本命校合格の切符を手に入れることができました。

お正月明けから始まった受験。土地柄、約1ヶ月という長丁場で、親子共々心身ともにエネルギーを使い果たしました。

ここまでの道のりは順風満帆ではありませんでした。
中学受験は特に水ものだということを身を持って体験しました。「確実」と言うものはありません。

まさに崖っぷち。そこからラストチャンスを掴むことができました。
息子の前では普段通りに振る舞うようにしていましたが、特にベッドに入り一人になると先のことを考えてしまい眠れない日々も続き、精神的にかなり辛かったです。
夫に慰めてもらったりと、この時ばかりは夫が頼もしかったです(笑)
ラストチャンスは、恐くて合格発表も見れないほど憔悴していましたので、夫に受験番号を確認してもらい電話してもらうように頼んでいたほどでした。
今は大体の学校がネットで即日、試験終了後数時間で発表になるのです。気持ちを落ちつける暇もなく合否がわかってしまいます。

そして、一番辛かったのは息子。合格した時は、今までの不安や緊張の糸が切れたんでしょう。堰を切ったように涙があふれ出た息子の姿は一生忘れられないものとなるでしょう。
最後まで諦めずに立ち向かった息子を賞賛したいと思います。

でも、ここは終わりでなくスタートです。
これからが大変だということを本人はどれだけ理解しているのか・・・合格した時の気持ちを忘れずにこれからも精進してもらいたいと思います。

一昨日、受験後初めて入学説明会で学校を訪れました。
息子は、「試験の時は緊張していたけど今日は気持ちよく学校に行ける。」と言っていました。
もうしっかり課題がどっさり出て、やらなければいけないこと満載です。親にも課題が出ました。6年間申し送りでその提出物は保管されるというので適当にやる訳にもいかないようです(泣)

3年間ドロップアウトせずに通い続けた塾とも先日お別れの挨拶をしてきました。
今まで、塾についてもブログでは一切書いていませんでしたが、何回かに分けて塾を含めた中学受験について書いていこうと思ってます。

受験が終わって約1週間。今が一番羽を伸ばせる時期。
息子は今まで遊べなかった分、毎日日替わりでお友だちと遊ぶ約束をして思いっきり外で遊んでます。やっと小学生らしい生活をできてます。そして、テレビやiPad、ゲーム機を解禁したので、ネット・ゲーム三昧(爆) まあしばらくはしょうがないでしょうね。

4月からは新しい生活です。親子共々、不安と期待が入り混じってるというのが本音でしょうか。
出会いや経験を楽しみに待ちつつ、残りの2ヶ月間小学校生活を無事に過ごして卒業を迎えてもらいたいと思ってます。

合格



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
  
  ご訪問ありがとうございます。帰りにポチっと応援してくれると嬉しいです。

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

今日のひとこと

★2016/09/23up★

世間ではシルバーウィークですね。

お天気もずっと悪く、飛び石なので旅行にも行けず家でもんもんと作業をしております。
しばらくバンコク旅行記を可能な限りアップしていきますので、よろしくお願いいたします。

プロフィール

マウロア

Author:マウロア
旅行・グルメ・コスメなど何にでも好奇心旺盛。いろいろ知りたがりなワーキングマザー、マウロアです。
夫&中学2年生の息子の3人暮らし。
海外旅行に行くこと!を生きがいとしていますが、子どもがどんどん大きくなってきたことと、夫と私の仕事の休みが取りづらいなどいろいろ弊害も出てきて、予定をうまく調整できないのが目下の悩み。

*2007年11月に、マリオット・コオリナ・ビーチ・クラブのタイムシェアを購入しました。思いっきり衝動買い(笑)いかに元を取って有効活用していくかが今後の課題です。

*2009年12月よりFC2にてブログを開始いたしました。
以前のブログはこちらにありますので、よろしかったらご覧ください。

タイムシェアを使いこなすマウロアさんちの旅記録
http://blog.goo.ne.jp/
mauloahawaii
↑ブログアドレスは、1行にしてペーストしてください。

*2012年7月にロングステイアドバイザーの資格を取得しました(2013年脱会)

*2013年は、SFCプラチナ取得!

*2014年は、JGCサファイア取得!

*誹謗・中傷&記事と関係のないコメントも一方的に削除させていただく場合がありますのでご了承ください。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
96位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター


Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
Googleボットチェッカー

人気記事ランキング

フリーエリア

紹介してもらっています

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
オアフ島旅行・ホテルのクチコミ

お得に利用♪

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
マクロミルへ登録

参加しています

ブログタイムズ
非日常体験の無料プレゼントサイト - Amaze(アメイズ)
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!


120・60.gif

旅行の検索に

次はどこへ?

ひとりごと twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブログお友だち♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ウェルカム♪

ハワイ&ワールドタイム


ハワイのお天気

ハワイ語辞書

ハワイ語辞書"

blogram.jp

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード