震災後 ~我が家の余波~

4月からは気持ちを新たに、また旅行記を書いていきたいと思います。よろしくお願いしますm(_ _)m



【お断り】
うまく言葉で表現できなくって、誤解を生んでしまうこともあるかもしれません。その点についてはご了承ください。



余波・・・
計画停電もそうですが、我が家では他にも震災の影響を受けたものがあります。


『息子を1人でお留守番させることができなくなったこと。』

前回の記事でもちょっと書きましたが、
うちには4月に小学校3年生になる息子がいます。
もちろん、平日は私がフルタイムで働いているので当然お家で息子の帰りをお迎えすることができません。なので習い事のある日以外は学童で、学校下校後~18時位までを過ごしてもらっています。


学童によっても異なると思いますが、うちの子が通っている学童は基本的に学童からの下校は1人もしくは学童友達と一緒に帰ることは許可されておらず(何か遭った時の責任の所在が明らかにならないため)、親もしくは代わりになる人が迎えに行くことが原則となっています。


学童の閉所は18時までなので、到底お迎えにいけるはずもなく(今時、18時で終わりって言うのがありえないのですが・・・)、今までの2年間は自治体で委託しているNPOが運営しているファミリーサポートというのに、お迎えを依頼していました。家に着いた後は、1時間長くて2時間弱を一人で留守番してもらっていました。


ファミリーサポートとは・・・
また、ここでこれを書くと長くなってしまいますので、簡単に。

(厚生労働省より転載)
ファミリー・サポート・センター事業は、乳幼児や小学生等の児童を有する子育て中の労働者や主婦等を会員として、児童の預かり等の援助を受けることを希望する者と当該援助を行うことを希望する者との相互援助活動に関する連絡、調整を行うものである。

平成21年度から、病児・病後児の預かり、早朝・夜間等の緊急時の預かりなどの事業(病児・緊急対応強化事業)を行っているところ。

相互援助活動の例
•保育施設までの送迎を行う。
•保育施設の開始前や終了後又は学校の放課後、子どもを預かる。
•保護者の病気や急用等の場合に子どもを預かる。
•冠婚葬祭や他の子どもの学校行事の際、子どもを預かる。
•買い物等外出の際、子どもを預かる。
•病児・病後児の預かり、早朝・夜間等の緊急預かり対応(平成21年度から)

詳細はこちらより。

援助を行ってくれる方(我が家の場合は学童に息子を迎えに行って家まで送り届けるところまで)には、有償で依頼します。

我が家では、2人の方に交互でお迎えを依頼していましたが、今回の震災ではっきりと言われた訳ではないですが、今後送迎途中で何か遭った時に責任が持てないので送迎はできないと遠まわし的に言われてしまいました。
また学童からも息子1人で帰らせてお留守番はやめてほしいとも言われてしまいました。


それは私自身ごもっともだと思ったし、確かにあれほどの震災があってすぐに身内でもない他人の子の面倒をみるのはできない、もしくは1人で1,2時間お留守番というのはまだ余震も続いているし非常に危険だということも理解できます。


なので震災後からは、ファミリーサポートの方に依頼することなく、私が学童までお迎えに行ってます。
もちろんお迎え18時なんて間に合う訳ないので、今しばらくは会社も多目に見てくれて(?)、17時になったら速攻上がってダッシュでお迎えに行っている状況です。

これに夜の計画停電が実施される予定の場合には、16時に会社を上がってお迎えに行くというスタイルを取らせてもらっています。


ただこれにも私の方に影響が出てきて・・・
5時定時には速攻退社してお迎えに行くようになり→残業はできない→震災の影響で仕事は溜まっている→職場の周りの人間に引け目を感じながら早く退社するという負のスパイラルに陥っています。


今週の土曜日辺りからは、しばらく休日子連れ出勤確定になりそうです(泣)


でも周りのママ友に聞くと、みんなそうなんだよね~。私だけじゃない。平日がっつり仕事ができなくなった分、みんな休日出勤して土日で穴埋めしてるのよね。

悲しいかな、そうしないとワーキングマザーって働けないんだよね。
やっぱり独身女性や子なし既婚女性と比較したら、絶対に不利だし、そういう所で自分の頑張りを見せないと一番最初のリストラ対象になっちゃうからね。


ということで、ここは私もひと踏ん張り頑張りますわ~。


子供の安全も守りたいし、自分の仕事の地位も保持したいしね♪
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : ニュース

計画停電、我が家の場合・・・

最初にお断り。
うまく言葉で表現できなくって、誤解を生んでしまうこともあるかもしれません。その点についてはご了承ください。


「計画停電」
もうこの言葉は、日本中知れ渡っていると思うけど、なぜ計画停電が実施されているのか勘違いされている方もいらっしゃるようなので、最初に書いておきます。


計画停電を行っている理由は、首都圏の消費電力より供給電力が下回りそうだから突然停電を避けるために予め時間と区域を決めて停電を実施している。

自分たちの住んでいる場所の電気が、東京電力福島第一・第二原子力発電所からの供給電力が足りなくなっているから自分たちが我慢するということ。


それを「被災地に電気を送るため」と勘違いしていらっしゃる方もいる。
自分たちのための節電なのです。



前置きはそれぐらいにして・・・
もちろん我が家も、計画停電のグループ内に属しています。既に、5,6回実施されました。そのうち、一番最後の時間帯18:20~というのを2回経験済。

毎朝、起床して、ネットで今日の計画停電の時間帯と実施するのかどうかを確認するのが日課になりました。
午前中の停電時間帯は前日に実施するかどうか発表、午後の停電時間帯は、当日お昼までに実施するかどうか発表するので、常にチェックしておかねばなりません。


昼間は我が家は家を留守にしているので、あまり弊害はありません。

朝は一度だけ経験済。朝一は6:20~開始予定で、朝の準備で忙しい時間帯。パンをオーブントースターで焼いている時に、ぶちっと切れました。
でも、ほぼ朝の準備は終わっていたので、特に不便も感じませんでした。

一番厄介なのが、一日で最後の時間帯、18:20-22:00。
もちろんこの時間、普段なら到底家にまだ帰ってない時間だけど、この停電時間の時には今のところ早帰りで16:00に会社も上がらせてもらっています。

ダッシュで息子を学童に迎えに行き(地震後お迎えが必須になってしまった。)、家に着いたらとりあえずお風呂をすぐに沸かして入る。でないといつ停電になってしまうかわからないから。
その後、これまた大急ぎで夕飯の準備、大体準備し終わった頃に停電開始でブチっと切れるパターンで2回程。真っ暗やみの中、息子と2人でランタンの灯る元、寂しく夕食を取っております。
なんか、明りがないと気持ちもテンション下がるのよね。

食べた後は、もう寝るしかないよね(苦笑)
だって何もできないんだもの。息子もこの状況で一人で寝れなくなってしまったため「一緒に寝よう。」と誘ってくる。
周りのママ友に聞いても寝ちゃうって言う家庭が多いみたい。
でもみんな電気が復活した頃にまた起きるって言うけど、私はそのまま朝まで爆睡。昨夜も20時頃に布団に入って、一度起きるつもりが起きたの朝の4時でした(笑)
まっ、実に健康的だけど。


計画停電でない地域の方なんかはご存じないかもしれませんが、もちろん信号機も街灯も点きません。
夜の停電は、外も真っ暗闇だし不気味です。それに街は静まり返っているし、歩くのも怖いぐらい。はっきり言って、治安も悪くなるし、ひったくりなどの犯罪も増えてるんじゃないかと思います。


我が家は、かなり大きい国道の側なのですが、停電開始時間2,30分前になると、警官が交通整理のために立ち始めます。
停電になると同時に、ホイッスルをバンバン鳴らし交通整理を始めます。ご苦労様です。
普段でも事故が多い場所なのに、危険だよなあと思っていた矢先、昨夜の停電でやっぱり交通事故が発生しました。幸い軽症のけが人で済んだようですが、停電の影響で至る所で事故も多発しているようです。


この計画停電、同じ市内でも我が家のように頻繁に停電している地域(もちろん同グループ)もあれば、一度も停電を経験していない地域もあり、偏りがあり、そうすると人間どうしても「うちばっかり」というように思ってしまいますよね。

その苦情がかなり東京電力にあったようで、3月26日(予定)から現状の5グループを更に細分化して25グループに分割して、計画停電を実施するようです。

まだ詳細は明らかになっていませんが、今までより1回の停電時間が短くなるのか、またはローテーションで周って来るのが今までより遅くなるのか、どちらにしろもっと平等になることを期待します。


でも、被災者の方々のことを思えば、こんな停電ごときで弱音を吐いてはいけませんよね。
私自身、こんなことでへたれないようにしなくては・・・

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : ニュース

PRAY FOR JAPAN

PRAY FOR JAPAN

pray4japan_A.jpg

We are always be with you! We are the One!

一人じゃない、みんながいるから大丈夫。みんなが一つになる。
明日は必ず来る。希望を持つことを忘れずに。



ブログをそろそろ再開しようかと思います。お休みしている間もいろいろ考えました。
私たちが今まで通りの生活を送ること、そして日本の経済を活性させることが今は大事ではないかと考えます。でもこれは私の意見であり、人それぞれ考え方は違うと思います。でも自分の考え・意見は大切にしたいと思います。

書きたいことはいろいろあるのですが、うまく表現できなくって、誤解を生んでしまうこともあるかもしれません。その点についてはご了承ください。


この3連休、自治体でも支援物資受付を開始いたしました。

私も早速家に眠っている毛布・タオル・歯ブラシ・歯磨き粉・生理用品・赤ちゃん用の未使用肌着などを持参して、提供に行ってまいりました。

たまたま受付をしてもらっている合間に、小さい男の子が自分が穿くであろう紙おむつ1パックを持ってきました。恐らく、やっていることはわかってないと思うけど、こんな小さい子まで協力し合って助け合いの心を持っていることに、涙がウルウルしてしまいました。

一人ひとりが小さなことでも、みんなで手を差し伸べれば大きなものになると、最近つくづく感じます。


* 各自治体によって、物資受付品目も異なると思いますので、行かれる場合には確認してから行ってくださいね。



たまたま、mixiを見ていた時に為になる記事があったので、転載しておきます。


『災害・緊急時、大事にしたい話し方・伝え方』

*子供に安心を伝える
*安全に導く避難時の伝え方
*挨拶から始める近所の人とのコミュニケーション
*ストレスが多い環境での伝え方
*人間心理と声かけの効果
*いたわりの声をかけあおう
*「頑張れ」の使い方に注意
*聞き流すスキルも必要な時期


詳細は災害・緊急時 大事にしたい話し方・伝え方 All Aboutに載っています。
mixiユーザーでなくてもこちらからだと見ることが出来ます。


こんな時だからこそ、逆に誹謗中傷やいわれのない誤解を受けたりすることもあります。
また、今回の地震でも考え方や意見は人それぞれです。それを自分の意見を押し付けるような行動を取る場面に遭遇してすごくストレスを感じていました。
それを聞き流す強さを自分で持つこともすごく大事で必要だと言うことを今特に感じています。


こういう状況の時だからこそ、相手の気持ちを考え、言葉を慎重に選んで発言することが非常に大事なのではないかと、切実に思ってます。

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : ニュース

今、できること

皆さまからのコメントは何よりもありがたく、心が救われます。ありがとうございます。


今日は地震以来、会社に出社いたしました。
まだまだ気持ち的にも環境的にも仕事できる環境ではありませんが、前向きに与えられた仕事をこつこつこなすだけです。


被災者の方々の気持ちを思うと心が痛み、どこにこの気持ちをぶつけてよいやら・・・



そして、今、自分にできることとしたら、「義援金」「節電」「物資提供」ぐらいしか思い当たりません。ただ、物資提供は、一般からの受け入れ態勢が整っていないようです。

義援金は、日本赤十字社が受付を開始いたしましたので、早速させていただきました。

日本赤十字社 東北関東大震災義援金を受け付けます


節電に関しても、東電の対応は別として、少しでも計画停電が実施されないように自分たちのできることから取組むようにしています。
そのためPCも極力立ち上げないように心がけております。

少しでも被災者の方々のお力になれればと思っております。




しばらくブログの更新も控えさせていただきます。

また、元気よく再会できることを心から願っています。

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : ニュース

ご心配ありがとうございます

みなさま、ご心配のコメントありがとうございます。
私は無事です。家族も無事です。
とりあえず、これでコメレスとさせていただきます。


自分の記録として、昨日の地震のこともつづっておきたいと思います。


昨日、2時50分過ぎ、もちろん私は会社で仕事していました。と、いつものごとく仕事しながらネットサーフィンして・・・

最初はゆる~い揺れがしばらく続き、その揺れが徐々に大きくなっていきました。と思ったのもつかの間すぐさま強い揺れが襲いました。
これは今までの地震と違うと、すぐさま直感し、荷物も持たず職場のみんなと事務所を出ました。
事務所は10階建ての5階にあり、もちろんエレベーターは使えませんから階段です。どこのフロアーの人も一斉に逃げだしたので、階段は我先にとすごいことになりました。

階段に辿りつくまでの渡り廊下では至る所で天井が落ちてきました。

天井
会社女子撮影

これはまだいい方で、もっと大きい破片が落ちてきた箇所もあり、生きた心地がしませんでした。


私ももう最後かも。と一瞬頭をよぎりました。


2、3度強い揺れが起こり、このままここにいるのも危ない、そして私の頭の中では息子の安否が心配でした。もちろんこの時点で、携帯繋がりませんので学校にも連絡できませんし、夫ともやり取りできません。


すぐさま会社を後にし、家に戻ることに。
職場は自宅から1時間弱のところにありもちろん電車通勤です。最寄りの東京メトロ駅に行ったところ、既に運転停止となっていました。
最初は、すぐに復旧するような話でしたので30分程待ってみましたが、徐々にいつ復旧になるかわからないというアナウンスに変わり、この時点で歩いて帰ることを決断しました。時間15時半過ぎ。

幸いだったのが、私は昨日何故か普段にも一層増してカジュアル着の動きやすい恰好&足もとはスニーカーだったのです。朝、いつもならヒールまたはブーツにスカートなどなのですが、なんとなく気分がそうさせたのです。今、思えばこれも虫の知らせだったのか・・・

これが幸いして、ガンガン歩いて行くことができました。既に周りにも歩き帰宅を始めている人が多数出始めました。

息子のことだけが気がかりでとにかく前を進む。
もちろん歩きながら携帯も何百回も試しましたが、全然繋がりません。

地震の時間からして、息子はまだ学校にいる時間。
ただ、この場合誰かが子供を迎えに行かなければなりません。
私の子供はどうなっちゃうのか・・・
この時こそ、自分が働いていることで子供すら守れないのかと。母親としての役割さえ果たせない。自分勝手に働いている自分を責めました。


とにかく歩く。それしか考えないようにして、前を進みました。


風がとても強く冷たく、それが余計に体力を奪っていきました。


我が家と職場の中間地点のターミナル駅に到着しました。とりあえずの第一目標をそこに定めてました。ここで電車が復旧していたら乗りこもうと思ったのです。時間既に18時過ぎ。
ここに到着するまでは地震の情報が全く入らないため、どういう状況になっているかまったくわかりませんでした。
駅ロータリーでは、タクシー&バス待ちの長い行列が続いており、電車入口のシャッターは閉ざされた状態で、この時に電車が終日運転停止だということを知らされました。


バス・タクシーを待っている時間はないので、すぐに切り替えまた歩き始めました。
実家はここから2駅なので、1時間弱で歩けるという予想で。


なんとか実家に10数キロ、4時間弱で到着しました。時間既に19時過ぎ。


途中、まったく携帯は繋がらず、公衆電話もどこも行列で使えない状態だったので、実家の固定電話からとにかくママ友やら学童やら片っ端から電話するも全然繋がらず。もちろんこの時点で夫とも連絡が取れず状態。


この前に実家では、息子の居場所を確認しようと思い当るところをすべて当たってくれていたようでうが、とにかく電話が繋がらずどこにいるかさえ分からない。


焦る気持ちとは裏腹に電話が繋がらず、こういう時こそ気持ちを落ち着かせようとしている自分。


このままここにいてもしょうがない、自転車を借りてここからさらに1時間以上の道のりを戻った方が早いのかと思う自分。


30分以上電話をかけまくり、最初にかかったのが幸運にも息子の学童でした。

息子は今日は本来なら学童に行かない日なのですが、望みを託して先生に確認すると、10分ほど前に夫が迎えに来てくれて連れて帰ったとのこと。
学校の先生がお母さんが家にいないという我が家の状況を察してくれて、学童に行きなさい。と促してくれたこと。
夫が、家に辿り着くと誰もいなかったのですぐさま学童に行ってくれたこと。
すべての人に感謝の気持ちでいっぱいでした。

とりあえず私もそれまで気が張っていたのが、一気に疲労感が・・・


その後、1時間ほどして夫から実家にも連絡があり、息子も夫も無事だと言うこと。家の中はすごく散乱しているが、特に被害はないということを教えてもらい、私は昨夜は実家に泊まることにしました。
といっても、しょっちゅう携帯から鳴る地震速報に全然寝れませんでしたが・・・


今朝朝早く、父に送ってもらい家に着き息子と夫とも対面できました。


夫にいたっては、非常用の荷造りもすべてして、食料の買い出しにも行ってくれていました。


私はと言えば、昨日の寒い中の歩きが良くなかったのか、今日一日熱を出してしまいダウン。先程まで寝てしまい、なんとか熱も微熱程度まで下がって来ました。



まだこちらでは余震がたびたび続いていて、油断できない状況です。



最後に震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
そして、今現在ご不明の方々の早い発見と、 また救助を求められている方々の早い救出を お怪我をされた方々の、1日でも早いご回復を心よりお祈りいたします。

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : ニュース

今日のひとこと

★2016/09/23up★

世間ではシルバーウィークですね。

お天気もずっと悪く、飛び石なので旅行にも行けず家でもんもんと作業をしております。
しばらくバンコク旅行記を可能な限りアップしていきますので、よろしくお願いいたします。

プロフィール

マウロア

Author:マウロア
旅行・グルメ・コスメなど何にでも好奇心旺盛。いろいろ知りたがりなワーキングマザー、マウロアです。
夫&中学2年生の息子の3人暮らし。
海外旅行に行くこと!を生きがいとしていますが、子どもがどんどん大きくなってきたことと、夫と私の仕事の休みが取りづらいなどいろいろ弊害も出てきて、予定をうまく調整できないのが目下の悩み。

*2007年11月に、マリオット・コオリナ・ビーチ・クラブのタイムシェアを購入しました。思いっきり衝動買い(笑)いかに元を取って有効活用していくかが今後の課題です。

*2009年12月よりFC2にてブログを開始いたしました。
以前のブログはこちらにありますので、よろしかったらご覧ください。

タイムシェアを使いこなすマウロアさんちの旅記録
http://blog.goo.ne.jp/
mauloahawaii
↑ブログアドレスは、1行にしてペーストしてください。

*2012年7月にロングステイアドバイザーの資格を取得しました(2013年脱会)

*2013年は、SFCプラチナ取得!

*2014年は、JGCサファイア取得!

*誹謗・中傷&記事と関係のないコメントも一方的に削除させていただく場合がありますのでご了承ください。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
46位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター


Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
Googleボットチェッカー

人気記事ランキング

フリーエリア

紹介してもらっています

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
オアフ島旅行・ホテルのクチコミ

お得に利用♪

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
マクロミルへ登録

参加しています

ブログタイムズ
非日常体験の無料プレゼントサイト - Amaze(アメイズ)
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!


120・60.gif

旅行の検索に

次はどこへ?

ひとりごと twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブログお友だち♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ウェルカム♪

ハワイ&ワールドタイム


ハワイのお天気

ハワイ語辞書

ハワイ語辞書"

blogram.jp

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード