オークラプレステージ台北レポート スパ編

オークラプレステージ台北(大倉久和大飯店)のスパのご紹介です。

2日目に夫と息子が昼間プールに行き、スパ(浴場)があることを知りました。
案内はよくある施設内ののハンドブックがデスクの引き出しをいくら探してもなかったのです。どうやらテレビの館内案内チャンネルのみでのご案内のようです。この辺まったくスタッフからは説明なし。
ワタシ、旅行行ってほとんどテレビ見ないんですね。見るとしたらNHKニュースのみ。
なので、スパについてはまったく知らず夫の話で知り、2日目からはそちらのスパに入りにばかり行ってました。

20階がヘルスクラブの受付です。こちらにスパ、ジム、そして屋上にプールがあります(プールについては過去記事でご覧下さい)。

エレベーターで20階まで上がります。

スパ_1

エレベーターが開くと、重厚な雰囲気のヘルスクラブが。さすがこの辺りは一流ホテルです。

向かって左に行くと受付があります。
そちらで部屋番号と利用したい旨を言うとロッカーキーバンドをいただけます。
キーバンドには、ICチップが入っておりバンドをロッカーにかざすとロッカーの扉が開閉する仕組みになっています。

スパ_2

スパはロッカーから行く仕組みになっています。利用時間は、6時~24時。
朝一番から夜遅くまで使えるのが大変便利でした。

スパ_3

ロッカールームに入るとすぐ目の前にロッカーが目に入ります。
ロッカーはこの一角のみなので、人が多いと狭いし着替えづらいと思いますが、私が数回利用した中では一度だけこのロッカーで中国人のグループ数人が利用していただけで、後は1人で誰にも会わなかったので別に不便さはありませんでした。

タオルはロッカー内にも入っていますし、棚にこのようにバスローブと一緒に置いてあったり、浴室内にもタオルが置いてあり充分過ぎるぐらいでした。

さてスパ(浴場)です。
ここで私が他人に出くわしたことは一度もなく、毎回貸切状態でした。

スパ_4

お風呂は2つあり、右が適温40~42度のお湯、左が水風呂になります。ジャグジー機能が付いています。
台湾では、温泉やサウナではシャワーキャップ着用がお決まりのようです。知りませんでした。ワタシはたまたま毎回1人貸切状態で出くわさなかったので気まずい思いをしませんでしたが、着用はするようにいたしましょう。

そして、この浴槽、とても高さがあるのです。よいしょと足を高く上げないと出入りできません。お子さんは特に注意しないといけません。
また床が大理石でできていて、とっても滑りやすいのです。ワタシ何回滑って体勢を崩したことか。すってんころりんにならなかったのが不思議なくらいでした。ホント、気をつけないと頭打ちます。

浴槽の周りは全面鏡張りになっていて景色が見渡せるので、入っていて気持ちがいいです。また夜は夜景も見れて雰囲気もあります。
でも外からも丸見え?

スパ_5

浴槽の反対側には個室のシャワーブースが4つあります。
ボディーソープとシャンプーはあるのですが、トリートメントだけ何故か置いてありません。
最初、何も持たないで入りに行ったらないので焦りました。もう髪の毛ごわごわになってしまいました。

スパ_6

スパ_7

水風呂の奥には、サウナも用意されています。
また、手前スパ入口脇にはミストサウナも用意されていました。
サウナの入り口前には、お水も用意されているのはありがたいです。
男性用はいつの時間に行ってもサウナもスパもかなりの人が入っていたようです(夫談)。

スパ_8

スパ_9

パウダールームです。
ハンドソープと乳液は用意されていたのですが、なぜか化粧水がありませんでした。トリートメントとも化粧水も置いておいてほしかったですね。
ボックスには、コットンや歯ブラシ、綿棒、シャワーキャップが入っていました。
パナソニックのナノイオンドライヤーも引き出しに用意されていました。

スパ_10

マシェリシリーズ、ヘアウォーター、ジェル、コロなどが置いてありこれは嬉しかったです。

スパ_11

パウダールームの脇には休憩室があり、お外に向けてベッドが4台配置されているのでここでゆっくり過ごすことも可能です。

スパ_12

コーヒー・お茶も充分に用意されているし、雑誌も置いてあるので、のんびりできますよね。
でもワタシがここで横になっていたら爆睡しそうだわ。


同時期にご宿泊されたkyon2さんの旅行記がワタシの内容よりとても詳細に書かれており脱帽です!ぜひそちらも一緒にご参考にしてくださいね。→同時期にご宿泊されたkyon2さんの旅行記がワタシの内容よりとても詳細に書かれており脱帽です!ぜひそちらも一緒にご参考にしてくださいね。→http://4travel.jp/traveler/kyon2/album/10699338/



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
  
  ご訪問ありがとうございます。帰りにポチっと応援してくれると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

コメント

リョウさん

> こんにちは~ホテルに詳しくないし日本でもスパとかに行ったことがないので
> 何でも珍しくて勉強になります。

なんども行っている地域だとわかっていても、初めての地域ではその国独特のルールなどもあり、戸惑うこともありますよね。
私もいろいろな方のブログを見て、へ~、そうなんだ。と驚かされることありますよ。

> 水着着用?とか考えないといけないところとかタオルのディスプレーが高級感漂っていますね。

海外は特に水着着用必須の地域もあるので、事前にリサーチが必要ですよね。
オークラ、スパルームはムダに多いぐらいタオルがそこかしこに置いてありました(^^;

> ICチップ入りのキーが気に入りましたv-426

こういうところに、やっぱり高級ホテル&新設のホテルの設備のいいところですよね。

kyon2さん

> 基本的に男女別になっている施設は
> 「裸湯」であり、水着は禁止です。

そうなんですね。
再認識いたしました。ありがとうございます。

> 日本との温泉文化の相違は
> 浴槽に髪の毛が落ちること、および
> 浴槽で身体を擦る(垢が出るからか)
> ことを極端に嫌うことかな。

まあ、この辺は日本のスーパー銭湯や健康ランドでも一緒ですし、日本でのマナーを心得ていれば大丈夫そうですね。

> もうひとつの特徴ですが、大きな
> 温泉施設には水着・水泳帽着用で
> 男女混浴の屋外SPAがあることかな。

水着は知っていましたが、水泳キャップも必要なんですか?
やっぱり髪の毛が落ちるのを防ぐため?

> ここの名物は強水圧の打たせ湯で
> マッサージ効果抜群です。

いいな~。肩凝りに効きそう。

> また、これらのSPAは幼児でも入場
> できますが、男女別裸湯の場合に子供は
> 施設によっては年齢(あるいは身長)で
> 制限されることがありますので要注意かも。
> それと母と男児、父と女児の組み合わせ
> での男女別裸湯利用も厳禁です。

この辺も常識を考えれば当たり前だけど、日本でもたまにぎょっとすることありますからね。
了解です。ありがとうございました。

進んでますね。

こんにちは~ホテルに詳しくないし日本でもスパとかに行ったことがないので
何でも珍しくて勉強になります。
水着着用?とか考えないといけないところとかタオルのディスプレーが高級感漂っていますね。
ICチップ入りのキーが気に入りましたv-426

台湾の温泉あるいはサウナの大浴場

もちろん例外はありますが・・・
基本的に男女別になっている施設は
「裸湯」であり、水着は禁止です。
日本との温泉文化の相違は
浴槽に髪の毛が落ちること、および
浴槽で身体を擦る(垢が出るからか)
ことを極端に嫌うことかな。
そのため、シャワーキャップ着用
浴槽でのタオル使用禁止が徹底して
います。

もうひとつの特徴ですが、大きな
温泉施設には水着・水泳帽着用で
男女混浴の屋外SPAがあることかな。
ここの名物は強水圧の打たせ湯で
マッサージ効果抜群です。

また、これらのSPAは幼児でも入場
できますが、男女別裸湯の場合に子供は
施設によっては年齢(あるいは身長)で
制限されることがありますので要注意かも。
それと母と男児、父と女児の組み合わせ
での男女別裸湯利用も厳禁です。

きじとらさん

> 新しいホテルは設備もきれいでいいですよね。

出来たてのホテルの特権ですよね。

> 水着が必要なんかどうかわからなくて、何となく行きにくいんです。

今、このコメント読んで、もしかしてあのオークラのスパももしかしたら水着着用だった?と焦っちゃいました。
誰にも会わなかったから良かったけど。でも受付でも言われなかったし、中にも注意書きもなかったし、清掃スタッフはいたけど何も言われなかったしなあ。まあ、裸で良しと言うことにしておきましょう(苦笑)

> どこだったか忘れちゃったけど、ロッカーもサウナもみんな水着着用の人ばかりで、手ぶらで行った私はさすがに入れず、スゴスゴ帰ってきちゃいました。

台湾も温泉地は水着着用ですよね。
確かに焦りますよね。水着はやっぱりどこに行くにも必需品かしら。

はーみあさん

> 窓があるので、開放感抜群ですね。

景色はまあ台北なのでそんなに期待ができませんが、遠くに山が見えるし、やっぱり解放感が違いますね。

> ホテルにこういった大きなお風呂があるのとないのじゃ、疲れの取れ方が違います。

そうですよね。旅先って結構歩くし疲れるからやっぱりのんびり湯船に入って疲れを取りたいですよね。
なので、私、ユニットバスって苦手なんです。
ほとんど旅先ではお湯ためてお風呂に入ることってありません。シャワーでちゃちゃっと済ませてしまいます。

> プールもあるし、オークラ、いいじゃないですか!

お値段さえクリアできればお勧めです。
なかなかこれだけの設備が整っているホテルって台北ではありませんから。

> ところで、マウロアさんは、写真のリサイズにはどちらのソフトをお使いですか?
> 良かったら教えてください。

はーみあさんのブログにコメント入れさせていただきました。
リサイズはやっぱり必要ですよ。面倒ですけどね。
わからないことがあれば聞いてくださいね。

No title

新しいホテルは設備もきれいでいいですよね。

ところで、私、海外のスパってちょっと苦手。
水着が必要なんかどうかわからなくて、何となく行きにくいんです。
どこだったか忘れちゃったけど、ロッカーもサウナもみんな水着着用の人ばかりで、手ぶらで行った私はさすがに入れず、スゴスゴ帰ってきちゃいました。
考えてみれば、欧米の方が裸で入るって考えにくいですものね。

気持ちよさそう

窓があるので、開放感抜群ですね。
ホテルにこういった大きなお風呂があるのとないのじゃ、疲れの取れ方が違います。
プールもあるし、オークラ、いいじゃないですか!
ところで、マウロアさんは、写真のリサイズにはどちらのソフトをお使いですか?
いろいろ試してみようと思って何人かの方に聞いているの。
良かったら教えてください。
Secret

今日のひとこと

★2016/09/23up★

世間ではシルバーウィークですね。

お天気もずっと悪く、飛び石なので旅行にも行けず家でもんもんと作業をしております。
しばらくバンコク旅行記を可能な限りアップしていきますので、よろしくお願いいたします。

プロフィール

マウロア

Author:マウロア
旅行・グルメ・コスメなど何にでも好奇心旺盛。いろいろ知りたがりなワーキングマザー、マウロアです。
夫&中学2年生の息子の3人暮らし。
海外旅行に行くこと!を生きがいとしていますが、子どもがどんどん大きくなってきたことと、夫と私の仕事の休みが取りづらいなどいろいろ弊害も出てきて、予定をうまく調整できないのが目下の悩み。

*2007年11月に、マリオット・コオリナ・ビーチ・クラブのタイムシェアを購入しました。思いっきり衝動買い(笑)いかに元を取って有効活用していくかが今後の課題です。

*2009年12月よりFC2にてブログを開始いたしました。
以前のブログはこちらにありますので、よろしかったらご覧ください。

タイムシェアを使いこなすマウロアさんちの旅記録
http://blog.goo.ne.jp/
mauloahawaii
↑ブログアドレスは、1行にしてペーストしてください。

*2012年7月にロングステイアドバイザーの資格を取得しました(2013年脱会)

*2013年は、SFCプラチナ取得!

*2014年は、JGCサファイア取得!

*誹謗・中傷&記事と関係のないコメントも一方的に削除させていただく場合がありますのでご了承ください。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
57位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター


Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
Googleボットチェッカー

人気記事ランキング

フリーエリア

紹介してもらっています

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
オアフ島旅行・ホテルのクチコミ

お得に利用♪

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
マクロミルへ登録

参加しています

ブログタイムズ
非日常体験の無料プレゼントサイト - Amaze(アメイズ)
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!
あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!


120・60.gif

旅行の検索に

次はどこへ?

ひとりごと twitter

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブログお友だち♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ウェルカム♪

ハワイ&ワールドタイム


ハワイのお天気

ハワイ語辞書

ハワイ語辞書"

blogram.jp

blogram投票ボタン

QRコード

QRコード